特定保税承認者

特定保税承認者

特定保税承認者承認通知書

 平成22年12月13日付けにて、横浜税関よりAEO制度(※注)の一つである『特定保税承認者』の承認を受けました。

『特定保税承認者』は、セキュリティー管理とコンプライアンス体制が整備されている事業者に対し、税関長が承認を与えるものです。

これにより、

  1. ① 一定の要件を満たす場所に、税関への届出により保税蔵置場を設置することが可能となる。
  2. ② ①の届出を行った場所については、
    • コンプライアンスを反映した税関検査が受けられる。
    • 届出蔵置場の許可手数料の免除。
    • 一般の保税蔵置場の許可期間より延長される。(6年→8年)

などの、保税業務の利便性に繋がるメリットを得ることができるようになり、より一層お客様に安心してご利用いただける高品質な物流サービスのご提供が可能となります。

(※注)AEO制度

 AEOは、Authorized Economic Operatorの略で、民間企業と税関とのパートナーシップを通じて、国際物流における安全確保と円滑化の両立を図る制度です。

米国同時多発テロをきっかけに、国際物流におけるセキュリティーの強化と効率化を目的とした日本版AEO制度の一環として2007年10月に導入されました。

このページのトップへ