日本埠頭倉庫株式会社は、お預かりする食品の安心・安全な管理体制づくりに取り組む他、幅広い業務に対応できる認定基準に対応しています。

ロゴ

ISO9001について

顧客満足の向上を基本理念に物流品質の向上を目指します

お客様に高品質な物流サービスをご提供するため、2000年9月にISO9001(2000年版)の認証を取得いたしました。又、2017年10月には2015年版への移行を行い、今後もお客様からより一層の満足と信頼をいただける企業となるべく、社員一同取り組んで参ります。

〔適用事業所〕
横浜事業所
東京支店
大黒FAZ事業所
平和島事業所
千葉事業所(新港倉庫)

ロゴ

ISO22000について

食の安心・安全に対する取り組みを強化しました

2015年1月、平和島事業所にてISO22000の認証を取得し、お預かりする食品のさらなる安心・安全な管理体制づくりに全社をあげて取り組んでおります。

食の安全性(リスクの低減) 食の安全性(リスクの低減)
ISO22000とは?

HACCPをベースにISO9001のマネジマント手法を取り入れた、食品の安全性確保に特化したISO規格です。HACCP適用の7原則12手順を、計画(Plan)、実行(Do)、評価(Check)、改善(Act)のサイクルを通じて継続的な改善を図ることで、食品の品質と安全性を保持します。

〔適用事業所〕
平和島事業所(食品加工室
及び賃貸部分は除く)
東京支店

ロゴ

AEO制度承認について

平成22年12月13日付けにて、横浜税関よりAEO制度(※注)の一つである『特定保税承認者』の承認を受けました。
『特定保税承認者』は、セキュリティー管理とコンプライアンス体制が整備されている事業者に対し、税関長が承認を与えるものです。
これにより、
① 一定の要件を満たす場所に、税関への届出により保税蔵置場を設置することが可能となる。 ② ①の届出を行った場所については、 ・コンプライアンスを反映した税関検査が受けられる。 ・届出蔵置場の許可手数料の免除。 ・一般の保税蔵置場の許可期間より延長される。(6年→8年) などの、保税業務の利便性に繋がるメリットを得ることができるようになり、より一層お客様に安心してご利用いただける高品質な物流サービスのご提供が可能となります。

(※注)AEO制度

AEOは、Authorized Economic Operatorの略で、民間企業と税関とのパートナーシップを通じて、国際物流における安全確保と円滑化の両立を図る制度です。 米国同時多発テロをきっかけに、国際物流におけるセキュリティーの強化と効率化を目的とした日本版AEO制度の一環として2007年10月に導入されました。

ロゴ

有機小分けJAS業者について

2017年3月22日付けにて、有機JASの小分け業者として認定されました。
有機JAS認定の小分け業者は、有機JASマークが付された大口の包装形態から小売用に小分け作業をし、新たに有機JASマークを貼付し、有機商品として市場に流通させることが出来ます。

画像
小分け施設

大黒FAZ事業所

小分け施設
  • ・原料の詰め替え作業
    原料又は大ロットの商品を小ロットに詰め替える作業
  • ・商品のリパック
    新しいパッケージへのリパック作業
  • ・有機商品のセット品作成(ギフトセット等)
    複数の有機商品のセット詰め作業
対象商品
  • ・有機加工食品(格付けされJASマークが付された商品)
  • ※有機農産物、有機畜産物は対象外

社員BLOG 社員BLOG

弊社からのお知らせをはじめ、
業務の知識から仕事へのこだわりなど、
不定期に更新しています。
日本埠頭倉庫ってどんな会社か気になる方、
ぜひご覧ください。
最近更新された記事